>  > 風俗は息抜きレベルではない

風俗は息抜きレベルではない

息抜きと言えば息抜きではあるんですけど、でも自分にとっては風俗は息抜きというレベルを超えているんじゃないかなって思っているんです。なぜなら、風俗のためにいろいろと時間を費やしているからです。もっといろんな形を楽しみたいって気持ちもありますし、まだまだ自分が知らない風俗嬢ですとか、ジャンルとかいろいろとあると思うんですよね。知らないからこそ、知っている風俗だけを利用するのではなくて、もっともっと楽しみたいんですよね。だからこそ、風俗を楽しむ時にはホームページ、そしてポータルサイトを見るようにしているんです。これはただ楽しむために見ているのではなくて、言うなれば研究のようなものです。どんな女の子がいるのかや、どんなジャンルがあるのか。それらはやっぱり風俗のポータルサイトを見ているだけでも楽しいものなんですよね。それに、いろんなことを楽しめるのもあって、風俗は息抜きというレベルではないんですよね。

疲れているのに頑張る姿が良かった

彼女、相当疲れているのが分かりました。人気があるのかどうかまではよく分からないんですけど、入ったときに背中がかなりほてっていたんですよね。まだまだ前の人との熱が抜けきっていないというか、シャワーを浴びてから体を覚ます時間さえ惜しいってことでしょうね。実際、彼女はかなり疲れているなと顔を見ても分かったんです。何となく申し訳ない気持ちになってしまったんですよね。普段は風俗嬢の体力に関してまで気にするようなことはないんです。でもさすがに彼女の姿を見て、大丈夫かなって気持ちになったんですけど、でも彼女は頑張ってくれました。逆にその姿勢がこちらの気持ちをくすぐったんですよね。疲れているのに文句を言わずに自分のために頑張ってくれているんだなって思ったら、それだけでも嬉しいじゃないですか。快感とはまた違った部分で彼女に感動させられたのかなって思いますので、今度は彼女の体力が万全な時にでもまた、一緒に楽しみたい風俗嬢だなって思いましたね。

[ 2017-05-03 ]

カテゴリ: 風俗体験談